みなかみのシンボル。谷川岳のご案内

日本百名山の一つ谷川岳。7月2日は、日本記念日協会によって谷川岳の日に制定されています。映画「クライマーズ・ハイ」の撮影場所。谷川岳ロープウェイを利用して約2時間半(片道)山頂まで行ける。年間登山者数は、約5万人。

谷川岳八景

    まるごとみなかみ


「谷川岳八景」
日本百名山「谷川岳」は、眺める場所により様々な姿を見せます。
四季折々に美しい「谷川岳八景」をめぐって、新しい谷川連峰の魅力を発見して見ませんか。

詳細PDFはこちらから

 
 

高山植物の宝庫、谷川岳

    まるごとみなかみ
可憐に咲き競う高山植物たちの楽園
谷川岳は多雪で日照時間が少なく、東面の谷では夏でも雪が残るなど、2,000m級の山には見られない特殊の地勢をつくっています。通常、植物分布は広葉樹林〜針葉樹林〜灌木帯になるのですが、谷川岳はブナ、チシマザサ等の広葉樹林帯から一気に灌木樹林帯へ移っているのが特徴です。

日本百名山「谷川岳」 トレッキングガイド

    まるごとみなかみ
初級から上級者まで、楽しみ方いろいろ
「トレッキング」とは、山の頂上に登ることを目的としない、気楽な山歩き・自然散策徒歩旅行を指します。自分の足で野山を歩くことで、普段の生活では味わうことができない、自然や風を感じながら、気ままに山を楽しむことが「トレッキング」の真髄です。

一ノ倉沢交通規制のご案内

    まるごとみなかみ
谷川岳登山指導センター下〜一ノ倉沢間
谷川岳一ノ倉沢道路(国道291号)について、行楽シーズンに慢性的な交通渋滞が発生しており、多くの皆様にご迷惑をお掛けしております。また、近年はこの道を歩かれて自然探索をされる方々が多く見られるようになったため、交通渋滞が予想される期間を車両通行止めに致します。
山岳資料館
 谷川岳の歴史は日本のロッククライミングの歴史といっても過言ではないほど、多くの登山家たちがこの山の魅力にとりつかれてきました。  都心から日帰り出来る近く...
谷川岳の魔の岩壁
谷川岳一ノ倉沢も衝立(ついたて)岩で九月十九日遭難した野中泰蔵、服部富士夫両君の遺体はザイルで宙吊りのままという世界でも類をみない遭難に人々を驚かせました。 ...
谷川岳ロープウェイ
 谷川岳土合口から天神平までロープウェイで約10分、美しい展望とスリルに満ちた空中散歩が楽しめます。標高1500mの天神平は谷川岳を目の前に見ることができ、四季折々...
水上山岳ガイド協会
 谷川岳登山の玄関口であるみなかみ町では、多くの人々に谷川岳の雄大な景観を楽しんでいただくために、谷川岳の登山道や気象、景観や高山植物、登山技術やマナー等に...
谷川岳山岳資料館
 谷川岳の歴史は日本のロッククライミングの歴史といっても過言ではないほど、多くの登山家たちがこの山の魅力にとりつかれてきました。  都心から日帰り出来る近く...
谷川岳とロッククライミング
 谷川岳の歴史は日本のロッククライミングの歴史といっても過言ではないほど、多くの登山家たちがこの山の魅力にとりつかれてきました。  都心から日帰り出来る近く...
肩の小屋
 谷川岳肩ノ小屋の避難小屋新築と休憩所改修の工事が終了し、2003年7月5日にオープン致しました。新しい肩ノ小屋には冬期を除いて管理人が常駐し、登山者への対応をす...